【画像比較】五箇公一の髪型がヤバい!カツラ疑惑や変化を徹底検証!

五箇公一の髪型

保全生態学者・ダニ学者の五箇公一さん。

国立環境研究所勤務の傍らマスコミなどを通じて環境科学の普及に力を入れていますが、

見た目がロックファッション・髪型がリーゼントのため経歴とのギャップが話題になることが多いですよね!

そんな五箇公一さんですが、リーゼントの髪の毛がカツラではないかと疑惑があるようです。

今回は、五箇公一さんの髪型についてカツラ疑惑や変化を検証しましたのでご覧ください!

目次

五箇公一の髪型がヤバい!

五箇公一さんですが、見た目がロックファッション・髪型がリーゼントですが、黒ずくめの衣装は20年以上も前から。

たまたま入った店で試着した服にビビッときて以来、洋服や下着、靴下までも黒しか持っていないそうです。

黒ずくめのファッションのおかげで、海外の学会に出ると「ブラック・ガイ(黒い男)」と呼ばれて覚えてもらえ、研究者としてのつながりも広がったそうですよ!

そんな、黒いファッションは20年以上前からのようですが、現在の髪型はいつからなんでしょう。

現在の髪型を見てみましょう!

2023年10月、上がスズメの巣のような髪型になっており、下は髪の毛を縛ってまとめています。

何とも言えない、凄い髪型ですね!

学者と言われないと分からないです…。

五箇公一の髪型変化を時系列で検証!

どのように髪型が変わったのでしょうか?

2013年の時には短髪ですが、2023年には髪の毛のトップがボリューミーになっています!

では、五箇公一さんの髪型の変化を時系列で見ていきたいと思います!

出典:国立環境研究所

2000年代、この頃は短髪です

2013年、まだこの時も短髪ですが、この頃になるとメガネなのかサングラスなのか掛けてますね。

出典:CINRA

2014年、横からの姿です。

まだ、トップに髪の毛のボリュームはありません

髪の毛も束ねてないですね。

出典:CINRA

2014年、この写真では頭頂部下の髪の毛が薄いのが分かります。

2015年、後ろで髪の毛は縛っているようです。

黒のサングラスになると、一気に印象が変わります。

ちょっと怖い印象…。

2018年、後ろの髪の毛が長いのが分かります!

出典:東京新聞

2019年、この頃はトップに髪の毛がありますが、カツラというよりサイドから持ってきた感じですね!

出典:環境省

2020年、笑顔がチャーミング!

髪の毛は、ボリュームがありますね~

出典:京都大学

2021年、この画像はトップに髪の毛が少ないです。

トップの髪の毛は、やはりセットなのかな・・?

2023年1月、正面の画像です!

どうでしょう?

髪の毛はサイドからトップに持ってきて、後ろの髪の毛も束ねています

五箇公一の髪型に対するネットでの声!

髪型についてネットの声はどんな感じでしょう?

やはり、衣装や髪型が気になり肝心の話が入ってこないようです!

五箇公一さんは、マスコミを通じて環境科学の普及に力を入れており、バラエティ番組を活用して環境科学に対する無関心層の引き込みを図っているそうです。

そのため、カツラなのかは分かりませんが、環境科学の普及のために注目されるような髪型にしているのかもしれませんね!

まとめ:【画像比較】五箇公一の髪型がヤバい!カツラ疑惑や変化を徹底検証!

【画像比較】五箇公一の髪型がヤバい!カツラ疑惑や変化を徹底検証!いかがでしたか?

とてもインパクトのある髪型でしたね!

これも環境科学に対する無関心層を引き込むための策なのかもしれません

五箇公一さんの働きかけで、皆さんが少しでも環境科学に興味を持ってくれるといいです!

今後も、五箇公一さんの普及活動を応援したいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次