【院内警察】上條萌子役は女優の玄理!キャスト・ロケ地や過去の出演作品も!

玄理-院内警察

桐谷健太さんが主演を務めるフジテレビ系列『院内警察』が2024年1月12日(金)よりスタートしました!

『院内警察』は元警視庁捜査一課刑事の武良井治(桐谷健太さん)と天才外科医の榊原俊介(瀬戸康史さん)の“正義”がぶつかり合う作品です。
出演者には、院内交番の室長として横堀仁一(市村正親さん)と所属交番事務員として川本響子(長濱ねるさん)、外科医の上条萌子(玄理さん)などが出演しています。

この記事では、外科医の上条萌子役として出演している玄理さんについて注目してみました!
また、『院内警察』のロケ地やキャストについて紹介したいと思います!

『院内交番』は、2021年より青年漫画誌・ヤングチャンピオン(秋田書店)で連載中の『院内警察 アスクレピオスの蛇』を原作とした、病院内で起こるトラブルやクレームなどに対処する部署を舞台にしたドラマです!

目次

『院内警察』上条萌子役は女優の玄理

ストーリー

物語の舞台となるのは、日本有数の大病院・阿栖暮総合病院(あすくれそうごうびょういん)。院内に設置された院内交番に所属する元警視庁捜査一課・武良井治は、日々患者同士のトラブル解決や遺失物捜索に従事していました。院内交番室長・横堀仁一と共に2人きりで交番を運営していましたが、そこに交番事務員として川本響子が配属されることに。川本は有名病院の医療事務になれると張り切ってきたものの、実際は院内で“3K交番”(軽薄で、空気の読めない、給料泥棒)とやゆされる場所で……。そんな中、阿栖暮総合病院が誇る若き天才外科医・榊原俊介がドイツから帰国します。帰国直後にも関わらず難易度の高いオペを執刀し、素早く正確な手術で周りの医師をうならせる榊原。対して、そんな榊原を鋭い視線で見つめる武良井。事あるごとに武良井は榊原に絡み、業務範囲を超えて執拗(しつよう)に粘着します。警視庁捜査一課というエリートの肩書を自ら捨て、阿栖暮総合病院に来たのも榊原との関係に理由があるのでしょうか……。敏腕刑事と天才医師、異なる2人の正義が交錯する新機軸のエンターテインメント。

外科医:上条萌子

上条萌子について紹介したいと思います!

ドラマ『院内警察』に出演する玄理

生い立ち

実家は工場を経営していました。
高校卒業後の進路で医学部を目指したいと思っていましたが、家の金銭的な状況から医学部は無理だと諦めて初めは就職希望を学校に提出します。

ところが、学校から父親のもとへ就職希望が出されたと連絡がありました。

父親から、仕事の受注を増やすためお金の心配はしなくてもいいことを言われ、医学部を目指すことになります。

しかし、父親は医学部に入る前に過労死してしまいます

医者を諦めると、父の存在がこの世からなくなってしまうと思い、父親が亡くなった時の『あの時の涙の味を忘れない』という気持ちで必死に頑張り無事に医者になることが出来ました。

上条萌子の医局の机には、中学校の卒業式で撮影した家族三人の写真が飾られています。

医者になってから

阿栖暮総合病院の第二外科の循環器外科に所属。

ある時、国内でほとんど成功例がない手術に挑むため、手術の2週間前からシュミレーションをしていました。
しかし、手術当日に榊原医師に執刀医の座を奪われてしまいます。

はじめは怒り心頭で榊原医師と衝突していましたが、家に帰った後は久しぶりに熟睡することができました。
朝、シャワーを浴びながらプレッシャーから解放され内心ほっとしている自分に気が付き、シャワーを浴びながら泣いてしまいます。

シャワーを浴びながら泣いた時の涙の味は、『あの時と同じ味…』。

その後は、榊原の執刀する手術に第一助手として成功させて前に進めばいいと気持ちを切り替えます。

しかし、第一助手として手術に入りましたが、患者が心室細動に…。
手術の様子を拝見している上司からは、手術中止の命令がありましたが、上条萌子は「私がそこをフォローしてやる、でも、あんたの代わりはいない!」と榊原のフォローをし無事に手術を終えることが出来ました。

漫画での上条萌子は、負けず嫌いで上昇志向が強い女性。悔しさなどは陰で泣くタイプのようです!

『院内警察』キャストは誰?

上条萌子以外のキャスト紹介です!

★武良井治(桐谷健太)


元警視庁捜査一課のエリートでありながら警察を辞めて、阿栖暮総合病院の院内交番に自ら志願して勤務。他人のちょっとした身なりや言動の違和感を見抜く洞察能力があり、医師や看護師をはじめ、患者の病状などをすべて把握する記憶能力の持ち主。

★榊原俊介(瀬戸康史)


阿栖暮総合病院の第一外科副部長、日本を代表する若き天才外科医。
執刀する手術は正確で素早く高い成功率を誇るり、外科部長からも信頼が厚く次期外科部長の座も期待されている。その一方で常に無表情で感情が読めず、難易度の高い手術ばかり便宜されるため、同僚からはあまり良く思われていない。

★川本響子(長濱ねる)


院内交番にやってきた新しい事務員。
有名な大病院で医療事務ができると張り切っていたが、配属されたのが "3K"と揶揄される院内交番。しかし、武良井の仕事ぶりを見て次第に必要性を感じることへ。

★横堀仁一(市村正親)


院内交番室長。
警察OBとして全国で初めて院内刑事に就任。
茶柱を見つけただけで幸せそうに微笑むほど心優しい人。

★尼子唯織(さとうほなみ)


腫瘍内科医。
院内交番に頻繁に出入りし、当直室よりも院内交番のソファで寝るのがお気に入り。
榊原とは同級生で個人PCのパスワードも知っており勝手にアクセスしてしまうことも。武良井の過去も知っているようで・・・。

★白石葵(馬場ふみか)


麻酔科医で日向の姉。
妹の日向が上司からパワハラにあっていると院内交番に相談する。

★白石日向(工藤美桜)


整形外科の看護師で葵の妹。
患者から人気が整形外科の看護師で葵(馬場ふみか)の妹。心優しい人物で、学生時代から母親と同じ職業の看護師を目指してきた。患者の間ではオアシスと言われるほどの人気者。しかし何か悩みを抱えているようで…。

★伊藤智(西村元貴)


外科医師。正義感が強く心優しい医師ながら、医者として自信が持てずに悩んでいる。

★倉田雄二(神尾佑)


外科部長という立場を利用し、信頼する榊原(瀬戸康史)に難易度が高い手術の便宣を図る。院内交番は邪魔な存在と考えている。

★清宮松雄(でんでん)


入院患者。入院生活が長く院内のことに詳しいため、武良井(桐谷健太)の院内捜査の情報源になることも。武良井とは交番内で隠れてお酒を飲む仲。

医療ドラマと刑事ドラマは人気ですよね?
医療×刑事ドラマになると、今後のドラマ展開も面白くなりそうです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次